FC2ブログ

スタッフの食べてみた・・・・パート4!!

困ったときの4回目

最近は非常にバタバタしていて新ネタがないので
食べてみたシリーズで

今回は2種ご紹介
まずはこの魚

eat fish (4)
少しウロコがはげていますが分かるでしょうか??
(すさみ町のイセエビ刺網で捕獲)
これを知っていたらかなりのさかな通

名を【ヒメクサアジ】といいます

え?名前からしてまずそう・・・・・・
この魚にとってはなかなか可哀想な名で
食べる側にしてみればちょっと・・・となりそうですが
そこはエビカニスタッフ
チョイチョイッと料理して食べてみました

eat fish
(クサ)という名前にちょっと警戒したので香草塩をふりかけて
スイートチリソースで洋風につくってみました

その味は・・・・・・・・・・・・

名は体を表すということわざがありますが
この魚には当てはまらなかったようです

さっぱりとした白身はやわらかくてGOOD
体が大きいのでたくさん身があって
なかなか食用向きの魚でした

けっこう珍しい魚であまり鮮度のいい状態で
捕獲されないのが残念です


お次はこの魚
eat fish (2)
体を覆うようにくっついた硬いウロコが特徴の
【マツカサウオ】
[まつぼっくり]ウオとはいい名前をつけられています

丈夫で飼育しやすくさらに発光するという
水族館ではおなじみの魚です

イセエビ刺網でまとまって漁獲されますが
ほぼ100%捨てられています
(黄色くて硬いので気持ち悪い??)

どう料理しようか悩みましたがあえて何もせず
硬いウロコを利用してそのまま焼いてみました

eat fish (1)
真っ黒こげ??
ご安心を

硬いウロコがちょうど身を蒸したようになって
いい感じです

味は・・・・・・・・・・・・・・・
弾力のある白身はまったく臭みもなくなかなかGOOD
おいしい魚ですが体長15㎝と小さいのが残念



以上2種ご紹介しましたが今回はなかなかの魚たちでした
おススメはしませんが機会があればぜひ


食べた魚を水族館や海中でみると意外と愛らしく見えてくる
スタッフでしたとさ

スタッフかに座

コメント

 
いやーどちらも『食べる』って発想が無かったです。
しかし毎回器用にお料理されてますねえ。
調理しているのは男性ですか?
だったら見習いたいですv-406
すべての魚を煮付けで食べたい!というのが本音ですが
魚本来の味を知りたいので
なんとなく魚の雰囲気でどういった料理にするか決めていますv-391

料理はスタッフ自らしますよv-363
見た目をあまり気にしない大雑把魚料理ですv-356

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © エビのつぶや記カニのぼや記 All Rights Reserved.