スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うんちのウンチク?!!

本日はうんちのお話
【食事中の方ごめんなさい

人間の周りにいるたくさんの動物達
そのたくさんの動物達は日々食べて、食べられて
そしてうんち(排泄)をしています

犬や猫、ウサギなど身近な動物のうんちは
誰でも知っていると思います
(小さいころ見た動物園のゾウのうんちは
 大変な衝撃でした
しかし水の中にいる動物がどんなうんちをしているのか??
ということを紹介した図鑑や映像などは
意外と少ないんです

と、いうことでちょっとシリーズ化をねらっている
水族館で見られるうんちをご紹介

まずは
当館が誇る図体のでかい人気物
オーストラリアキングクラブ
unnchi1 (5)のコピー
うんちをしたタイミングで写真を撮っていたら
はさみに引っかかって紹介しているような感じに
「どうこのうんち?アマエビ食べたから少し赤いよ

続いて
当館で長期飼育されている珍生物
オウムガイ
unnchi1 (3)
アマエビを食べています
unnchi1 (2)のコピー
ちょっと赤く細長いうんち
食べながらうんちをするんですが
なかなかタイミングよく撮影できず

続いてずっと狙っていて
最近ようやく撮影できた有名な魚から
unnchi1 (4)のコピー
エサを食べてしばらくすると浮上してきて
旋回しながらうんちをするマンボウ
とても柔らかく水分が多いので
出た瞬間溶けて煙幕に

最後はちょっとリアル
1日アジを3キロ以上食べているので・・・・
unnchi1 (1)のコピー
ほとんど水中でするんですが
たま~に朝台の上に転がっています
ちょっとはずかしそうなマックでした

うんちうんちと勝手に紹介しましたが
うんちを見ることは
生物の体調を知るうえで大切なことです
ほぼ毎日行うものなので体調の変化を察知しやすくなります
(ま~カニのうんちはどうか判りませんが

毎日の観察は大切なんですと考えつつ
水槽と海(自然)でいっぱいうんちの写真を撮って
動物うんち図鑑でも作ろうかなぁ~と思っている
スタッフでしたとさ
(食事中のかたほんとにすいません


本日のオマケ
unnchi1.jpg
2月23日にご紹介した謎のヒトデ
ヒトデ分類の先生に見て頂いたところ
日本で2例目、標本としては日本で唯一の
大変貴重なヒトデとのことでした
現在食性を調べるために飼育展示していますので
興味がある方はぜひ当館へ
(日本初はお隣串本の海で
 日本では紀伊半島でしか見つかっていない

スタッフかに座

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © エビのつぶや記カニのぼや記 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。