FC2ブログ

ウミガメ混獲!!

イセエビ刺網漁が始まりすさみ町は早朝から
活気付いています

そんなイセエビ刺網で昨日ウミガメが混獲されたのでご報告


混獲されたのは本州沿岸ではあまり見かけることのない
タイマイでした
(残念ながら網をあげたときには死亡してました)


タイマイといえばその甲羅が鼈甲(べっこう)細工の原料となる
有名なウミガメです。

すさみではタイマイは【べっこうがめ】
    アオウミガメは【あさひがめ】
    アカウミガメは【あかがめもしくはあか】  と呼ばれています
      
本来は熱帯。亜熱帯の暖かい海に生息するウミガメですが
たまに本州沿岸でも見つかるようです
(当館確認のタイマイはこれで4個体目)
しかしその生息数は世界的に減少しており絶滅が心配されています。

taimai.jpg
混獲されたタイマイ

taimai (1)

とがった嘴(くちばし)が特徴




今回は漁師さんの好意でわざわざ陸上までこのタイマイを持ち帰り
当館に寄贈してくれました


水族館活動用に剥製にするかどうか考えましたが、
今後のタイマイの研究に少しでも役立ててもらいたいと思い
当館がいつもウミガメでお世話になっている
日本ウミガメ協議会に連絡し引き取ってもらうことにしました!
  ↑
(混獲、海岸等でウミガメを見つけたらご連絡を)


このタイマイの死が今後のウミガメ調査、保護に少しでも役に立てば
と願うスタッフでした



スタッフかに座
スポンサーサイト

ワクワク?エビ網!!

本格的な秋の訪れと共にすさみ町の基幹漁業の1つ
イセエビの刺網漁が始まりました!

沖合いの磯に網を仕掛け一晩おいてイセエビを捕獲するという
刺網漁ですがイセエビ以外にもたくさんの生物がかかってきます。

水族館ではそのイセエビ以外の商品価値のない生物を
貰いに毎日網干し場を回っています

イセエビと共にあがってくるたくさんの種類の魚や
商品価値のないエビやカニなど生物好きにはたまらない
水族館の大事な仕事です

網干し場を回るのは本当に楽しいのですが・・・・・
このイセエビ漁の網をあげてくるのが
早朝の5時とか6時でそれだけ早起きをしないといけないので
なかなか大変です

とりあえずこのイセエビ刺網漁についてはネタが豊富にあるので
本日はご紹介まで

ebiamip.jpg
エビ網の干し場
網にかかった生物を陸ではずします
ここを毎朝まわります!!
快く生物をわけて頂いているすさみ町の
漁師さんには本当に感謝感謝です

ebiamip (1)
網にかかったすさみ産イセエビ
すさみのイセエビは荒磯にもまれて身がしまっています
しかもかなり大きいというのが特徴です

ebiamip (3)
網にかかる大量の魚
魚好きにはたまらない光景です
種類もたくさん

ebiamip (2)
サメもたくさん


毎日いろいろな種類の生物見られるので
早起きなんてなんのその


珍しい生物がいなくても毎朝エビ網をまわれるだけで
面白いと思うエビカニスタッフでした



スタッフかに座

Powered by FC2 Blog

Copyright © エビのつぶや記カニのぼや記 All Rights Reserved.