FC2ブログ

引っ越しました

いつもこのブログを読んでくださってありがとうございます


実は、この度当館ブログ「エビのつぶや記カニのぼや記」は、引っ越しをしてリニューアルすることにいたしました!!


新しいブログはこちら→「エビのつぶや記カニのぼや記」


心機一転、これからももっともっと楽しくおもしろいブログにできるよう、みんなでがんばってブログを更新していきたいと思っていますので、皆様これからも変わらずよろしくお願いいたします


お~しゃん
スポンサーサイト



若葉マーク

皆様初めまして~~~~!!!!


昨日からエビとカニの水族館の仲間入りを果たしました、お~しゃんと申します。


本日から私もブログ更新メンバーに加えていただいたので、これからがんばっておもしろい記事をどんどん書いていきたいと思います!以後お見知りおきを♪





さて、エビとカニの水族館には、普段の業務遂行には欠かせない戦力がいます。


それは~。。。。。


こちら↓↓

DSC00131.jpg
毎日毎日、水汲みや荷物運びなどで一生懸命働いてくれている、通称『エビカニ号』!!

この前に描かれている大きなカニのおかげで、遠くからでも判別可能な仕様になっております


しかし皆様、この写真を見て何か気付くことがありませんか?


わからない方のために今度は後ろの写真を。。。

DSC00135.jpg

はい、そうです。もうお分かりですね。


これです!!!!


DSC00137.jpg
若葉マーク


そうなんです、実はまだ私、免許を取って1年も経っていない初心者ドライバー。


こんな不安要素いっぱいの私がこんなに大きな車を運転しなければいけないんです!!


とはいえ、先輩スタッフの方々が既にいくつかやっちゃっているので。。。。


DSC00134.jpg

少しは気が楽?

いえいえ、もちろんウソでございます。(先輩が隣にいなくてよかった笑)


早く運転うまくなって、一スタッフとして役に立てるようにがんばりますp(>n<)q


毎回恐い思いをしながらも隣で忍耐強く運転の指導をしてくださるスタッフかに座さんに感謝


お~しゃん

小笠原に・・・・・!!

どうも続けて登場のかに座です

フットサル小僧(この名前のセンス0です)が
なんと初単独出張でいま世界遺産登録で騒がれている
あの小笠原に出張中なので代わりに書きます


と言うことでいま日本でも有数のホットな場所
小笠原諸島にちょこっと関係する話題を1つ


まずはちょいと珍しい??この写真を!!


ウミガメ左前肢6

これはつい先日撮影したあるウミガメのレントゲン写真

少し長くなりますが・・・・・・・・・??

昨年7月に小笠原諸島母島沖でかなり衰弱して外洋を漂うウミガメが
見つかり、母島のクラブノア母島という施設に保護されました

自ら餌を食べられないほどに衰弱したウミガメでしたが
日頃からウミガメと接し小笠原の自然をなによりも大切にする
母島スタッフの懸命の治療のおかげでなんとか一命を取り留めました

しかし母島では薬やバランスの取れた餌の確保が難しく
治療に限界があります
そこで当館に輸送し治療を引き継ぐことになりました

当館に収容後も自ら餌を食べることが出来ず2ヶ月ほど
毎日強制的に餌や薬を与えなんとか元気を取り戻しました

現在では驚くほどの食欲をみせ順調に成長していますが
最近右前肢(前ヒレ)の動きに異常が見つかりました

どうやら右前肢の付根辺りの骨に異常があるらしくほとんど
水をかくことが出来ない(動かせない)ようなのです
おそらくこれが原因で自然界で餌を食べられず衰弱したようです

そこで上の写真
レントゲンを撮ったわけなんです
(写真は左前肢)


どこがどう悪いのかはまだ調査中ですがなんとか自ら元気よく
泳げるようになってまた小笠原の海に帰してあげたいと
願うスタッフかに座でした

(治療は簡単に書きましたが結構大変でした
道具も何もない母島で治療にあたったスタッフには
心からご苦労様と言いたいです)

ちょいとオマケ
給餌用品
当館自家製の強制餌やり道具
①固形のものを飲込めないためペースト状にした餌を容器にいれ
②短く切ったホースをカメにくわえさせて
③その穴からチューブを胃まで入れて容器をグッと押して
④ペーストを流し込みます
毎日2回2人がかりで行いました

治療に際しご助言を頂いた方々に心よりお礼を申し上げます
レントゲンを撮ってくれた人間を治療する先生にもお礼を


小笠原諸島・・・・それはそれはすばらしいところです
珍しい生物もいますが・・・・・あの独特の雰囲気は他では味わえません

母島にいった時は クラブノア母島 に!
ウミガメのこと、クジラのこと、サンゴのこと
いや海のこと、いやいや自然のこと
思いっきり楽しめます


長くなってすいません
スタッフかに座

眠いけど・・・・超興奮!!

どうも

超ご無沙汰しています
それはそれは【怪しい??スタッフかに座】です

久々に登場します(過去ログ参照)

なぜ突然登場かと言いますと非常に長くなるので・・・・・・

言います


現在PM9:05

飼育中のタカアシガニが脱皮中で
その撮影で一人残っています
(当館正面の水槽です

実は最近ある海岸のウミガメ産卵調査を勝手に行っていて
毎朝4時に起きて夜10時に寝るという生活をしています
(産卵も確認しています

でもう一度いいますと・・・・・・・・現在PM9:07

眠たいんです

そうです
だから久々にブログを書いて眠気をなくそうと・・・

眠くなってきたので現在の状況を写真でどうぞ

タカアシガニ (2)

めっちゃ撮影中!!

タカアシガニ

結構いい感じに撮れています

タカアシガニ (1)

めっちゃ脱いでます


夕方5時からめっちゃ観察中

明日当館に来れば脱ぎたてほやほやの
脱皮ガラと成長したタカアシガニが・・・・・


見れるはず
(途中で止まって死ぬカニも少なくないんです


頑張れタカアシガニ


頑張れ4時おきのかに座 でした




あ~何時に帰れるんだろう・・・・・

現在PM9:28

脱皮開始から5時間経過中・・・・・
続きはどこかで

さらなる高みへ???

最近このブログのネタに登場する生物等において
少し【マニアック過ぎじゃないのか
とする意見をいただきましたので少し反省して
本日のブログといたします

本日のネタは・・・・・・・
最近また大潮でものすごく潮が引いていて
『潮が引いたらモノスゴ採集に行きたくなる病
のスタッフがすさみ町の磯で採集してきた生物から

まずは・・・・・・・・
図鑑に載っていて存在は知りつつもここ5年間
まったく採集できなかったかわいいウニをどうぞ
5.16マニアック (1)
どうですこの色
紀伊半島では珍しい?
(ただいま調査中)
その名も【タマゴウニ】

5.16マニアック (3)
大きさも2.5センチくらいのかわいいウニです
沖縄などでビーチコーミングすると真っ白な
殻が拾えるそうですが生きている姿はなかなか

5.16マニアック (4)
裏側にはちゃんとトゲが
意外と早く動くことを発見しました

続いて
探せば結構いるらしいのですが
なぜかなかなか出会えなかったこの生物
(ようやく写真が撮れました

5.16マニアック (2)
クモ??とは少し違う
海の中に棲むその名も
【ウミグモ】の仲間
(100種以上いるらしいのですが種類は判りません

『こんなんが海におるんか~
と思われた方ご安心を
なぜなら
5.16マニアック (5)
こんなに小さいんです
(深海には大きいのがいるようですが)
ぜったい襲ってきません

しかも
5.16マニアック
驚くと体を丸めてさらに小さく
結構臆病者です

どうです
まだまだ海の中には不思議な生物がたくさんいるはず
どんどん暖かくなっているのでたまには
海で遊んでみては??

結局いつもどおりのネタでした
まったく反省していないスタッフでしたとさ
(こんな不思議な生物紹介しないほうがおかしい)

スタッフかに座

Powered by FC2 Blog

Copyright © エビのつぶや記カニのぼや記 All Rights Reserved.