FC2ブログ

またまた幼生!!

またまた幼生ネタで

しかし本日は今まで登場したオオバウチワエビでなく
カニの幼生

つい先日船に乗っていたら海の中を漂う海藻を発見
しょうじん
こうした海藻の中には意外とたくさんの生物がすんでいるので
とりあえずアミですくってみました
(以前タツノオトシゴの仲間を発見したことも

するとあるカニの幼生がゾロゾロ

それがこれ
ショウジンガニ (4)
目がでっかい変わったエビに見えるけど
れっきとした【ショウジンガニ】のメガロパ幼生
これが海藻の中からでてくるでてくる
せっかくなので少し持ち帰り予備水槽へ

観察を開始するとおもしろいことを見つけたので
カニの一生と一緒にご紹介

卵からふ化したカニの幼生
ショウジンガニ (3)
これは【ツノダシヒシガニ】というカニの
ゾエア幼生
プランクトンとして海を漂っています
およそカニには見えないヘンテコな格好をしています

これが何回か脱皮をすると
漂う生活を終えて海藻や底で生活する
メガロパ幼生になります
ショウジンガニ (6)
底で生活しますがまだまだ泳げるんです
写真の下部分に注目
カニなのにエビみたいな尾(尾節)を持っているんです
捕まえようとするとこの尾(尾節)でパタパタして泳ぐんです
これがおもしろいのなんの見ていて飽きません
その姿はカニでもエビでもない怪しい生物
(動画で見てもらえないのが残念

そんでもってこのメガロパが脱皮すると
ショウジンガニ
ようやく稚ガニになるというわけ

でその中から限られたカニだけが
ショウジンガニ (2)
大人のカニになれるんです
ようやく登場 【成長したショウジンガニ】
(甲に生きたフジツボをつけているツワモノ)

どうしてこんなにややこしい一生を送るのか
諸説あるようですが今回最もだと思ったのは
【生息場所を広げる】ということ

幼生として海の中を旅してさらには海藻に乗ってまで
成長しているのはとても運がいい強いカニだけのはず

旅はしたいけどカニにはなりたくないなぁ~



☆なかには幼生の時期を卵の中で過ごして
 卵から直接稚ガニとして生まれてくるカニもいます
 それについてはまた今度


最近幼生がフィーバーしている
スタッフかに座
スポンサーサイト



ついに誕生!!!

大変更新が遅くなりました
チェックしていただいた方申し訳ありません
移動水族館でスタッフが出ています・・・・・
最近1日が早くて早くて

とまぁ 言い訳はここまでにして本日よりがんばります

で今日はついにようやくやっと感動の瞬間でした
それはここ最近ずっと登場してきたオオバウチワエビの幼生が
なんと稚エビになったんです

卵からふ化して本日で88日目
ほんとにようやく親エビと同じ姿をした稚エビになったんです

ではどうぞ

比べてください
まずはじめは~
4月13日の脱皮したばかりのニスト幼生
nisto1.jpg
スケスケ

4月25日
あれ体に色がついてきた
誕生1
もしかして~?????


4月28日
ついについに~
左側はニストの脱皮殻
右側が稚エビ
誕生2
めちゃくちゃ可愛かったニスト幼生から
さらに可愛い稚エビになりました
とってもキレイな体をしています

これが脱皮殻
誕生3
とても薄くてすぐ壊れそうな殻
乾燥させるのは難しそう~~

ものは試しと開始した幼生飼育
気付けば休日も忘れて夜ご飯も忘れて
はまってしまっているスタッフ・・・・・・
おかげでちょっと痩せました

でもこんなに充実して感動したことは今までなかった
自然ってほんとにすごいです



展示中の6齢幼生はまだまだ成長中
5月はじめには脱皮しそうなので不思議な幼生を見たい方
お早めに水族館へ



本日のオマケ
やった
朝出勤して脱皮した稚エビを見て
ちょっとよゆ~が出てきた??
(これをする前にうれしさのあまり叫んでますけど

スタッフかに座

やっとこさ!!

以前ご紹介したオオバウチワエビ幼生の成長日記


昨日PM11:36・・・・・・・・
水族館から歓喜の声が

なぜかというと以前ご紹介した幼生がようやく
最終段階であるニスト幼生になったんです

セミエビ類やウチワエビ類特有の最終幼生
ニストはその透明な体からガラスエビとも呼ばれ
体もやっとエビらしくなります

飼育を開始して2ヶ月
いろいろな困難がありましたがそれも忘れるぐらい
うれしい瞬間でした

大変貴重なニスト幼生をどうぞ

その前にフィロソーマ幼生を
見比べてください

nisto (2)
第6齢のフィロソーマ幼生
これが脱皮するとエビの形になるんです
信じられます
すごい変化なんです

それがこれ
nisto (1)
スケスケ透明のめちゃくちゃかわいい
ニスト幼生
なんと全体的に6齢幼生より小さくなっているんです
もう見た瞬間
感動の一言に尽きます


もう一度幼生と比べてみてください
nisto.jpg
これが脱皮してエビになるんです

自然は本当にすごすぎます

現在当館ではふ化したばかりの1齢幼生から
このニスト幼生はもちろん稚エビまで
成長の様子を標本も使って観察することが出来ます

この機会に神秘的な幼生をぜひぜひ見に来てください

どんどん成長しているので1度見てもしばらくすると
驚くほど変化している幼生が見られますよ~



本日のオマケ
ガッツ
ここは真夜中の水族館水槽裏
ニスト誕生の瞬間
思わず心の底から喜んでガッツポーズ
次は稚エビです

*脱皮の瞬間を見ようとビデオカメラ、
 デジタルカメラを構えていたんですが
 ちょっと別の仕事をしていた1時間の内に
 脱皮してました
 次こそは~~~~~

スタッフかに座

つ、ついに・・・・展示!!

新年度になり非常にバタバタしていて
更新が遅くなってしまいました

今回は・・・・つ、ついに展示できるようになった
ひじょ~に珍しい生物のご紹介

その生物とは・・・・・
オオバウチワエビ09.3.28
ちょっと深い海の砂地に住む 【オオバウチワエビ】

の、なんと!!!幼生なんです
個人的には可愛くて可愛くて仕方がない??
幼生がこちら
2010.3.24 phyllosoma2
ふ化して13日後のオオバウチワエビの幼生(2齢)

この幼生はオオバウチワエビを研究している東京海洋大学から
当館へ寄贈していただいたもので、2月14日より
ひそか~に裏で飼育していたんです

まったくの幼生飼育初心者のスタッフでしたが東京海洋大学の
スタッフの方から指導、助言をいただきながら
なんとか安定して展示できる大きさにまで
育てることが出来ました

ちょっぴり成長した幼生がこちら
phyllosoma stage Ⅳ
写真ではわかりにくいんですが
驚くほど大きく成長しているんです

でその成長の様子も含めて幼生を観察できる
スタッフ渾身の展示がこちら
展示水槽 (1)
【海の幼稚園 オオバウチワエビの幼生】
と題して、当館には今までなかったなかなか
オシャレな展示になりました
ちょっぴり奮発しLEDライトを使用して
神秘的な幼生じっくり観察できるんです

展示水槽
ふ化したばかりの幼生から脱皮して成長していく様子を
シャーレの中の標本で見ることが出来ます
虫めがねを使って好きなだけ観察してください


ふ化したばかりの幼生はとても弱く
ちょっとしたことで死んでしまったり
餌をまったく食べなかったりと大変でした

あまりに心配でこの1ヵ月半、休日返上で
世話をしてきましたが『手がかかる子ほどかわいい
というように脱皮して成長するたびに
ガッツポーズをして心から喜んでいました
(閉館後の水族館から怪しい笑い声が)

まだまだ気を抜けない状態ですが
日々成長する神秘的で不思議なエビの幼生を
ぜひぜひ見に来てください

感動すること間違いなし

成長の様子はこのブログでご報告していきます


本日のオマケ
unnchichi.jpg
ちゃんと展示してます
(幼生のうんち)
すごい食欲で食べながら出しながら・・・・・
虫めがねでぜひ


スタッフかに座

Powered by FC2 Blog

Copyright © エビのつぶや記カニのぼや記 All Rights Reserved.