FC2ブログ

下ばかり見ないで・・・

最近は当館が4月22日より行う移動水族館が
近づいてきたこともありひじょ~にバタバタしています

打ち合わせ→倉庫で準備→書類仕事→このブログ??

となかなかのんびりできません

ということで今回はすごく簡単に

最近潜って久々に上を見上げたら(イケス内ですが)
きれいなマンボウのシルエットを目撃したので
どうぞ (ただの船の底にも見えるような
コンベックス (3)
いつか誰もがこうやって魚を見られる
展示がしたいなぁ

マンボウもなぜかこの日上を向いていました
まんぼ~
何か考え事をしているのでしょうか

どんなに疲れていても
たまには上を見上げないと


超ヒマネタパート2でした


スタッフかに座
スポンサーサイト



マンボウの名前が決定??

マンボウシリーズ

現在沖のイケスで飼育している(過去ブログ参照)
マンボウに名前がつきました

以前は各個体に番号をつけどの個体がどれくらい餌を食べ
どういった状態なのかをノートに記録していましたが
今では名前で呼んでいます

猛烈に柑橘類が好きな?あやしいスタッフが勝手に 
命名してしまいました
(ミカンの食べすぎで手が黄色いとか・・・

それでは勝手に???ご紹介

まずは・・・・・・
みかん
№1こと 【みかん】
人に近づいてくるけどなかなか手から餌を食べず
他のマンボウが来ると逃げる
ちょっぴり気の小さいマンボウ

ポンカン
続いて№2こと 【ポンカン】
ヒレに大きな傷があるんですがものともせず
餌をねだりに来る神経の図太いマンボウ
一番馴れていて頭をさすっても逃げません

キンカン
№3こと 【キンカン】
一番大きな個体で気も強く
他のマンボウを蹴散らせながらエサを食べます
人が泳いでいるとずっとついて来ます
後ろのヒレ(舵ビレ)の下のほうが欠けています

ミポリン
問題児 №4こと【ミポリン】
ぜっ~たいに水面に浮いてこない
人の手からエサを食べない ガンコもので
エサは?と思ったら底に沈んだエサを
逆立ち泳ぎでちゃっかり食べている
ひねくれもの
心配で潜っていたら目の前で底のエサを食べて
ゲップしました


タンカン
最後は№5こと 【タンカン】
最近ようやくエサを食べ始めたと思ったら
手からしかエサを食べない甘えん坊に
体は小さいけど体色が一番きれいです


それぞれの個性に合わせた和歌山県らしい
いい名前がついたと勝手に喜んでいる
スタッフでしたとさ

え?№4だけミカンの仲間じゃない???
ご安心を 今が旬のデコポン(←ミカンです)
は鹿児島県では【ラ・ミポリン】と呼ばれていました

デコポンは全国各地に様々な名前が以前あり
なかなか正体をつかめない№4には
まさにぴったりの名前??になりました・・・・・か??
(ちょっぴりひねくれているところもカワイイので・・・・)


本日のオマケ
マンボウBOX
マンボウのエサやりのときに
水温計や比重計、記録用紙を入れるマンボウBOX
きちんと名前を書きました
もう変更できませ~ん


スタッフかにミカン

マンボウ日誌パート3

2月8日から飼育を始めたマンボウ

はじめはぜんぜん餌を食べなかったり
人間を怖がっていたマンボウも
ようやく馴れてきました

毎日毎日イケスの中に潜って餌を与えていましたが
最近ようやく水面近くまで浮いてきて
手から餌を食べてくれるようになりました

まだまだ気を抜けませんがようやく一歩前進です

どうぞ

mola (4)
これ 2月中旬ごろ
まだ潜って1個体1個体口に餌をもっていって
与えていました

現在
mola (1)
人がいることを確認すると・・・・
「お ご飯の時間やなぁ~」と
水面まで上がっています


mola.jpg
まだ少し警戒ぎみですが・・・
「ほら ごはんやでぇ~ おいしいでぇ~

というと・・・・・・・・・

mola (2)
「ごはん~ごはん~ごはん~

不器用に泳ぎながら
手から水面で直接食べてくれるようになりました
普段のんびりしているマンボウですが
エサを見ると必死に水面まで泳いできて
おねだりしてきます
(これがカワイイのなんの


体にスレ傷がある個体やまったく水面に上がってこない
個体もいるのでまだまだ気を抜くことができませんが
とりあえず一歩前進で心からホッとしている
スタッフでしたとさ





本日のオマケ
水面に怪しい生物発見
mola (3)
ついでなので上から口にエサをもっていきましたが
まったく食べませんでしたとさ

スタッフかに座

マンボウのすべてを知る????

最近ほんとにバタバタして写真を撮っていないので
今世話をしているマンボウの話題を

マンボウといえばどこへ行っても大変人気のある魚ですが
実は・・・・・・・・・・・・


食べてもかなりおいしい魚なんです

どれぐらいおいしいか というと
おいしい鶏肉と新鮮なイカを足して2で割って
さらにおいしい鶏肉を足した感じ・・・・・・


え!分からない??

ともかく写真をどうぞ
(においと味を伝えられないのが残念)

マンボウ煮付け
マンボウの煮付け

しっかりした歯ごたえの身は
煮付けることで味が染み出てきます

マンボウ腸 ひゃくひろブラックペッバー煮込み
ひゃくひろ(腸)のブラックペッパー煮

コリッとした食感の腸は絶品
ブラックペッパーがまさにスパイス

マンボウ湯引き
マンボウの湯引き

マンボウの味を知るならこれが一番
新鮮なマンボウだからできる??
酢みそで食べると・・・


毎日世話をしているマンボウを食べるなんて・・・

と思われる方もいるかもしれませんが
ご安心を

これは三重県の旅館で頂いたものです


魚を知るには食べることも大事と言いながら
毎日おいしそうだなあとイケスのマンボウと
にらめっこしているスタッフでしたとさ


本日のオマケ
マンボウやで
僕らをおいしいおいしいいう前に
もっとおいしいエサをちょ~だいや~

スタッフかに座

マンボウ日誌パート2

沖合いのイケスで飼育しているマンボウ日誌パート2

この間新たに搬入したマンボウのご紹介

前回飼育していたマンボウはイケス網によるスレキズが
悪化し死亡してしまったので今回はイケスを大幅に拡大

縦横10m水深6mのイケスに変更したんですが大きくなった分
給餌(餌やり)がとても大変になりました

以前は長い棒を使って上から給餌を行っていましたが今回から
スタッフがイケスに潜って直接手から水中給餌を行っています

水温16℃けっこう寒いんですが毎日がんばっています
どうぞ

mola210 (1)
イケスの中のマンボウ
広くなったので悠々と泳いでいます

mola210 (3)
スレキズも少なくきれいなマンボウ
ついつい見とれてしまいます

mola210 (2)
水深6mまで一気に潜って餌を与えます
驚いて逃げないように慎重に


mola210 (5)
「おいしい餌だよ~食べとくれ~~
 

mola210 (4)
驚いて逃げようとするマンボウ
「ほらおいしい餌やで食べたいやろ


大きな体をしているけどなかなか臆病なマンボウ

毎日泳いで餌を与えるのは大変ですが
食べてくれたときのうれしさといったら

寒い寒いといいながらもイケスの中を
マンボウに負けないぐらい元気に
泳ぎ回っているスタッフでしたとさ


本日のオマケ
mola210.jpg
横から見ると小さく見える口も
前から見るとなかなかのタラコくちびる

パクッと餌に食いつく瞬間はけっこう可愛いんです


スタッフかに座



Powered by FC2 Blog

Copyright © エビのつぶや記カニのぼや記 All Rights Reserved.